事件

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ] 2018/10/09(火) 21:59:46.98 BE:447187251-2BP(1500)
    sssp://img.5ch.net/ico/giko1.gif
    関西生コン支部幹部を再逮捕 別の出荷妨害容疑 大阪府警
    2018.10.9 19:14

     セメント、生コン業界の労働者らでつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)の幹部や組合員計16人が、運送業者のセメント出荷業務を妨害したとして逮捕された事件で、
    大阪府警警備部と西成署は9日、別の業者に対する威力業務妨害容疑などで、
    関生支部副執行委員長、七牟禮時夫(ななむれときお)容疑者(52)ら5人を再逮捕し、
    新たに組合員3人を逮捕した。

    全文はソースで
    https://www.sankei.com/smp/west/news/181009/wst1810090016-s1.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1539089986/ 【部〇民の利権団体の暴力装置集団関西生コン、新たに3人逮捕 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CH] 2018/10/06(土) 08:40:39.58 ● BE:121394521-2BP(3112)
    sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif
    商業施設で万引きした後、警備員に暴行したとして、神奈川県警は6日、事後強盗容疑で県警伊勢佐木署地域第3課長の大森正和容疑者(41)=横浜市南区大岡=を逮捕した、と発表した。

     県警によると、「お金を使いたくなかった。警察官が捕まるわけにはいかないと思った」と容疑を認めているという。

     逮捕容疑は5日午後10時5分ごろ、同市中区伊勢佐木町の商業施設で、芳香剤1個と靴下2足(計1267円相当)を盗み店舗を出ようとした際、肩に手をかけてきた男性警備員(30)の胸ぐらをつかみ突き飛ばすなどの暴行を加えた疑い。

     県警監察官室によると、同容疑者は同日午後3時ごろまで勤務した後、同6時半ごろから約2時間、同僚2人と飲酒。
    別れた後、体調が悪くなって吐き、その際ぬれた靴下の替えを買おうとしたが、「レジを探している間、万引きしてもばれないだろうと思った」と話しているという。

     同容疑者は刑事部の経験が長く、昨年3月から現職。

     千葉証監察官室長の話 幹部警察官として言語道断の行為で誠に遺憾。深くおわび申し上げる。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000026-jij-soci

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538782839/ 【「警察官が捕まるわけにはいかない」警察署課長が万引きして警備員に暴行】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/10/02(火) 23:08:14.41 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    戦後最大のミステリーとも言われる「三億円事件」の犯人を自称する人物が、手記を公開したことが話題を呼んでいる。

    掲載されているのは、小説投稿サイト「小説家になろう」だ。本当に犯人なのか、それともよくできたフィクションなのか。ネット上ではさまざまな意見が出ている。

    ■投稿された手記は?
    投稿された手記は「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」というタイトルだ。8月8日に「真相の告白」という項目から始まり、72の項目に分かれて投稿。9月23日に完結した。著者名は「白田(しろた)」となっている。

    手記内の説明によると、著者は孫もいる老人。長年連れ添っていた妻が69歳で他界し、葬儀を終えたあとに、一人息子に三億円事件の真相を告白したところ、「これを世の中に発表しよう」と言われた。
    マスコミに発表することを考えていたが、諸事情で断念。息子が見つけた「小説家になろう」に投稿することを決めたのだという。

    ■ネット上の反応は?
    この手記について、本当に犯人が書いたものなのか、精巧なフィクションなのか議論が沸騰している。老人にしては文体が若すぎるという声もある一方で、「内容がガチっぽ過ぎて本人としか思えない」という反応もある。

    一方で、仮にフィクションだとしても「すごく読ませる文章で、ウェブ小説にしておくには勿体ない」という声や、「本当かどうかはわからないけど夢中で読んでしまった」と評価する声も出ている。

    三億円事件の発生から12月10日で50年を迎えるが「謎の手記」に注目が集まりそうだ。

    三億円事件の犯人?それとも創作? 「小説家になろう」の投稿で議論沸騰
    https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/02/sanokuenjiken-narou_a_23548030/



    府中三億円事件を計画・実行したのは私です。
    https://ncode.syo setu.com/n9064ex/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538489294/ 【「三億円事件を実行したのは私です」 小説家になろうに投稿された自称犯人の告白文が話題に 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/09/30(日) 07:13:13.41 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
     衝撃の逃走劇から1カ月半、列島を騒がせ続けた男が意外な場所で捕まった。
    樋田容疑者は午後6時半ごろ、山口県周南市の中心部から10キロほど西にある道の駅「ソレーネ周南」で、
    餅やとんかつ、缶コーヒーなど約1000円相当の食料品5点を万引したとして、窃盗容疑で現行犯逮捕された。
    店外に出たところ、万引Gメンから声を掛けられ、そのまま取り押さえられた。

     住所や氏名、職業は「言いたくない」と供述を拒否。
    だが人相や左足ふくらはぎの入れ墨などの身体的特徴が酷似しており、指紋が一致したため樋田容疑者と確認された。
    逮捕時はウインドブレーカーにスニーカー姿で、現金280円を所持。道の駅にはロードバイクで来ていた。
    「財布を取りに行こうとしただけなのに、逮捕されたことは納得できない。私は万引をしていません」と容疑を否認している。
    ロードバイクは、大阪府富田林市に隣接する羽曳野市で盗まれたものだった。ロードバイクで周南市まで逃走した可能性がある。

     山口県警は樋田容疑者をいったん釈放する方針。
    大阪府警が加重逃走容疑で逮捕し、30日に府警本部に移送する。

     樋田容疑者は5月以降、窃盗や強制性交などの容疑で計4回逮捕され、富田林署で約2カ月半勾留。
    8月12日午後8時ごろ、富田林署の接見室で弁護士と面会終了後、隔離用のアクリル板を蹴破り逃走したとみられる。

     府警は連日約3000人の捜査員を投入。樋田容疑者が資金調達しながら服装を替えて逃走しているとみて捜査。
    大阪市内などで黒いミニバイクの男によるひったくりが相次いでおり、関連を調べていた。

     府警OB有志らの出資で最高200万円の懸賞金がかけられ、府警はポスターを駅などに掲示して情報提供を呼び掛けた。
    このほか、大阪市の企業からも別に300万円の懸賞金がかけられていた。

    富田林署逃走の樋田容疑者、山口で万引逮捕 事件から49日目
    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/09/30/kiji/20180929s00042000464000c.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538259193/ 【樋田容疑者の懸賞金500万円は無し? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/09/28(金) 18:16:55.76 ● BE:299336179-PLT(13500)
    sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
    刑務所行きを回避するには6000万円必要? 酒気帯び運転でひき逃げ事故を起こし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で東京地検に
    26日起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)が27日夕、保釈された。保釈保証金は300万円。今後は実刑判決も予想される公判が待つことになるが、
    執行猶予判決となる可能性もわずかに残っている。被害者2人が示談を受け入れ、吉澤被告の実刑までは望まないとなった場合だ。そのために吉澤被告側が支払う示談金の金額はいくらになるのか? 
    一方でアルコール依存症治療の必要性も専門家が指摘した――。


     吉澤被告が勾留先の警視庁原宿署の通用口から出てきたのは午後5時半すぎ。白い長袖ブラウス、黒のロングスカートに黒のローヒールと、完全な“謝罪ファッション”だった。
    神妙な面持ちで歩き始め、報道陣が大挙して待ち構える目の前まで来て止まった。

     そして前で手を組み、深々と一礼。7秒ほど頭を下げた後、無数のフラッシュを浴びる中「被害者の方々に深くおわび申し上げます。このたびは誠に申し訳ありませんでした」と聞き取れないようなか細い声で謝罪した。そしてまた深々とおじぎを5秒余り。吉澤被告は振り返り、歩を進め、迎えのワンボックス車に乗り込んだ。

     これに先立ち、吉澤被告側は保釈保証金300万円を納付。前日26日に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴されたことで、今後は法廷で被告人として裁きを受けることになる。

     起訴状などによると吉澤被告は、6日朝に東京都中野区で自動車を運転中、赤信号を無視して時速86キロで交差点に進入。通行人をはね、そのまま走り去った。約15分後、自ら通報して現場へ。
    呼気検査で基準値の約4倍に相当するアルコールが検出された。

     法曹関係者は公判の行方について「被害者2人は軽傷だったとはいえ、高速で衝突し、酒気帯び、ひき逃げですから、懲役1年ほどの実刑判決が妥当。
    被害者と示談が成立した場合は執行猶予となる可能性もあるが、昨今の飲酒運転への厳罰化傾向から、その可能性は低いでしょう」と話す。

     このため、吉澤被告側は今後、被害者2人への示談交渉に移るとみられる。

    「酒気帯び、ひき逃げでケガを負わせていることを踏まえると、一般人でも被害者1人1000万円くらいが相場でしょう。吉澤被告は芸能人で、夫はIT企業社長という点を考慮すると、
    一般人の2~3倍を示さないと実刑は免れないでしょうね。それで2人の被害者と示談が成立し、被害者の処罰感情として『実刑は望まない』という陳述調書を法廷で出せれば、執行猶予の線も出てくる」(同)

     つまり、被害者2人に対し、計4000万~6000万円の示談金を支払う必要があるわけだ。

     一方、警視庁は吉澤被告の運転免許の効力を10月5日まで停止する仮処分を執行。今後の行政処分によって免許取り消しが見込まれ、再取得できない欠格期間も決まる。

    「被害者が軽傷だったことを踏まえても7~9年間」(警察関係者)となりそうで、車好きといわれる吉澤被告はハンドルを握れなくなる。

     執行猶予判決、断酒のハードルを乗り越えられるか。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000033-tospoweb-ent

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538126215/ 【【地獄の沙汰も金次第?】保釈の吉澤ひとみ被告「実刑回避」の為、被害者2人に示談金6千万円支払いへ】の続きを読む

    このページのトップヘ