2018年11月

    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [US] 2018/11/04(日) 21:55:04.96 ● BE:324064431-2BP(2300)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    最新の遺伝子をベースにした測定法で調査が行われたところ、遺伝的な「才能」は低所得の家族と高所得の家族で等しく見られたとのこと。しかし、高所得の家族の元に生まれた「才能ない子ども」は、低所得の家族の元に生まれた「才能ある子ども」よりも高い割合で大学を卒業していることが判明しました。

    新たに行われた研究では学業成績に関係する遺伝子指標に基づき、子どもを上から順に4つのグループに分けました。その結果、「遺伝子ス
    コア」の上位25%、つまり高い才能の潜在的可能性を持ちながら、低所得の父親の元に生まれた子どもが大学を卒業した割合は24%だった
    のに対し、同様の遺伝子スコアを持ち高所得の父親のもとに生まれた子どもが大学を卒業した割合は63%にも上ったとのこと。

    一方で、遺伝子スコアが下位25%でありながら、高所得の父親の元に生まれて大学を卒業した人は27%でした。27%という数字は、「才能
    を持ちながら父親が低所得」という人とほぼ同じ割合になります。この結果は「貧しい人と裕福な人では遺伝子が異なる」という都市伝説
    に反するものではあるものの、「才能ある貧しい子どもは困難に直面することとなる」という厳しい現実を示すものとなっています。

    ニューヨーク大学の経済学者であるKevin Thom氏と、ジョンズホプキンズ大学の経済学者であるNicholas Papageorge氏は2018年7月にNatu
    re Geneticsの研究チームが発表した大規模なゲノム研究の結果を用いて分析を行うことで、この事実を明らかにしました。Nature Geneti
    csの研究チームは、113万1881人の塩基対をスキャンし、遺伝子と学歴の関係を調査しました。そして、研究結果を使って遺伝的な要素から学業成績を予測できる指標を作り出したとのこと。

    これまでは子どもの学業的な潜在可能性を、「親の裕福さ」からの切り離して調査する場合、その多くはIQテストの結果を基にしてきま
    した。 しかし、子どものIQもまた親の職業や収入、教育環境などによるバイアスがかかっているという点が問題点でした。「遺伝子的に
    は似ている二人でも、IQテストの結果が異なることはあります。裕福な親は子どもにより多く投資を行うためです」とPapageorge氏は語ります。


    https://gigazine.net/news/20181103-born-rich-or-gifted/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541336104/ 【「才能ありで生まれるよりも金持ちに生まれる方がいい結果を生む」という最新の結果が発表される 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CA] 2018/11/04(日) 18:41:37.48 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    【11月4日 AFP】スペイン・バスク(Basque)地方のある大学生のグループは5年前、産業界に旋風を巻き起こしたいと考えた。
    どんな分野でも良かったが、できれば食品や飲料関連の業界にしたかった。

     イマノルさん、イニゴさん、ゴルカさん、アリッツさん、タイグさんの5人組は、中でも最も伝統的な産業を選択した。
    そして、その伝統故に非常に保守的だったワイン業界に、画期的な青色のワインなどを送り込み、新風を吹かせた。

     彼らはバスク大学(University of the Basque Country)で2年間、学内の化学エンジニアや外部のフードイノベーションセンターなどの
    協力を得ながら研究を進め、2015年にスタートアップ企業「ジックライブ!(Gik Live!)」を立ち上げた。

     初年度のワイン販売数は3万本で、2017年には50万本に迫った。同社は現在、世界21か国に輸出しており、そのうち最大の市場は米国、
    次いでワイン好きで知られるフランスとなっている。最初は5人で始めた会社も、今では従業員12人を抱えるまでに成長した。

     バスク地方の最大都市ビルバオ(Bilbao)北方の町ポルトゥガレテ(Portugalete)にある同社オフィスのバーで、アイルランド系バスク人の
    共同創設者タイグ・マッカーシー(Taig Mac Carthy)さんはこう語った。

    「多くの人々にとって、ワインは変えてはならない神聖なものだということを、僕たちは理解しています」「でも僕たちは、何かを変えたいのです。
    挑戦することを恐れてはいません」

    ■青色のレシピ

     ブルーワインの入ったグラスをちらっと見ただけで、ソムリエはそそくさと退散するだろう。目が覚めるような青いワイン
    「ジックブルー(Gik Blue)」は、スペイン国内の数か所のワイナリーで、伝統的な手順に従って造られている。

    全文
    http://www.afpbb.com/articles/-/3194482
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541324497/ 【スペイン企業が作った「青ワイン」、世界各国で人気上昇中 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [US] 2018/11/04(日) 22:15:20.73 ● BE:324064431-2BP(2300)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    アクアとプリウスの見分けが付かない

    https://www.hide10.com/archives/15814

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541337320/ 【【悲報】プリウスさん、料金所でひっくり返る(画像あり) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [US] 2018/11/04(日) 22:04:58.09 ● BE:324064431-2BP(2300)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ゴミ収集中の「住民の暴言つらい」

    東京都内でゴミ収集業務に携わっているという30代男性から、作業中に住民から暴言を
    浴びせられてつらいと新聞に投書があり、波紋が広がっている。

    「臭いから早く持っていけ」。朝日新聞の2018年9月17日付朝刊生活面に載った投書では、
    男性は、住民からこう言われたと訴えた。


    「勉強をしないから、こんな仕事」と言われたと告白

    投書によると、男性は、都内の自治体からゴミ収集の業務を受託している会社で働いている。
    作業中に、一部住民から酷い言葉をかけられており、「勉強をしないから、こんな仕事をすることになる」
    と、周囲に向かって大声を出されたりしたこともあるという。

    暴言には反論したいが、上司は、「我慢してくれ」と言うばかり。
    仕事を失うことを恐れて、会社は、委託元の自治体には伝えていないという。
    これに対し、男性は、「今は仲間内で愚痴を聞いてもらうよりなく、やりきれません」と嘆いている。

    この投書については、漫画家のさいきまこさんが17日、ツイッター上で紹介し、
    暴言を吐く一部住民について、「『こんな仕事』のお世話になっていることを、
    一体どう考えているのか」と疑問をぶつけた。ツイートは、
    18日夕現在で「いいね」が2万件以上も付いており、様々な意見が寄せられている。

    https://www.j-cast.com/2018/09/18338912.html?p=all

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541336698/ 【ゴミ収集車の男性従業員に向かって住民が大声で暴言「勉強をしないからこんな仕事をすることになる!」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/11/04(日) 20:07:30.73 BE:439992976-PLT(15000)
    sssp://img.5ch.net/ico/morara.gif
    4~5つ星は買いか Amazonレビュー、実機で検証

    ユーザーの評価が書き込まれているが、4つ星、5つ星の商品は果たして本当に「使える」のか。
    商品を購入してその真価を検証してみた

    アマゾンでの商品購入時に必ず参考にする「カスタマーレビュー」。
    ユーザーのさまざまな評価が書き込まれているが、4つ星、5つ星の商品は果たして本当に「使える」のか。
    日経トレンディ編集部が実際に商品を購入してその真価を検証してみた。

     アマゾンのショッピングサイトの大きな特徴の一つが膨大な数のユーザーによる「カスタマーレビュー」だ。
    各ページには、商品名の下に最大5つの星が並び、商品購入で迷った場合、
    クリックするだけで多くのユーザーの「生の声」にアクセスできる。
    こうした無数のクチコミがアマゾンの人気を下支えしてきたことは間違いない。

     では、こうしたカスタマーレビューは一体どこまで信頼できるのか。
    商品の評価が良ければ素直に買ってよいのか。
    実際にアマゾンでレビューが4~5つ星の商品を購入し、その真価をチェックした。

    <省略>

    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO36541930W8A011C1000000

    ボクはこれ
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00920F5MC/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541329650/ 【お前ら最近ポチった物書いてけ 】の続きを読む

    このページのトップヘ