2018年10月

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [AU] 2018/10/28(日) 08:31:16.30 ● BE:121394521-2BP(3112)
    sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif
    対話アプリ大手のLINEが、ブロックチェーンを使った新しい事業基盤の開発に着手しました。
    対話アプリに次ぐ収益源に育てたい考えですが、具体的な道筋は見えていません。LINEが考えているブロックチェーンの事業とはどのようなものなのでしょうか。

    LINEは今年8月末、独自に開発したブロックチェーン技術を使った事業基盤である「LINE Token Economy」構想を発表しました。
    この構想について同社は
    「サービス提供者とユーザーの関係をよりフラットにし、ともに成長していくことができる共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想」
    であると説明していますが、これだけではサッパリ意味が分かりません。

     詳細は現時点では不明ですが、仮想通貨の技術を使った一種のポイントを発行し、サービスに貢献した利用者に対して、仮想通貨でポイントを支払える仕組みを構築する計画のようです。

     例えば、ネット上で、利用者からの質問に別の利用者が回答するというサービスはすでにいくつか存在していますが、
    ブロックチェーン上にこれを構築し、有益な回答を行い、そのサービスの発展に貢献のあった利用者にポイントを支払うといった仕組みです。

     従来のポイントは、サービスを提供している事業者のサイト内で完結するものでしたが、ブロックチェーンはオープンな存在ですので、
    LINE以外の利用者もこのプラットフォームに参加し、ポイントを活用することができます。
    またポイントのやり取りはブロックチェーン上ですべて公開されますから、どのようなインセンティブを誰が発行し、誰が受け取っているのかが分かり、透明性の高い運営が可能となります。
    質問への回答サービス以外には、商品や飲食店のレビューを行うサービスなども検討されているようです。

     ポイントを付与する収益源は、表示される広告になる可能性が高いですが、今回のプロジェクトには大規模なシステム構築が不可欠ですから、どのタイミングで収益化できるのかは何とも言えません。
    先行きの不透明性が高いとの印象は否めず、事業計画発表後の同社の株価は低調な状態が続いています。

     今回のプロジェクトに限らず、仮想通貨もしくはブロックチェーン関連の事業計画は、過度に抽象的な表現や定義のハッキリしないキーワードがあまりにも多く、投資家や市場の理解を得にくいという特徴が顕著です。
    新しい技術ですからやむを得ない部分もありますが、実際に提供するサービスが従来と大きく変わるわけではありません。
    市場の理解を得やすい表現を工夫するといった措置が必要でしょう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00010000-wordleaf-sci

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540683076/ 【LINEがブロックチェーンを使った新しい事業基盤の開発に着手 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [CN] 2018/10/28(日) 08:30:53.38 BE:194767121-PLT(12001)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    “下請けスタイル”から生まれた工場廃液用フィルター、世界98カ国で活躍
    https://newswitch.jp/p/15005

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540683053/ 【下請け悪い言うけど下請け・孫請けの方が一次請けや二次請けより高賃金だったりするのよ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [GB] 2018/10/28(日) 07:30:26.04 BE:509143435-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/1san.gif
    25日深夜放送の「EXD44」(テレビ朝日系)で、個人投資家の与沢翼氏が、成功するための条件を力説した。
    番組では、ディレクターがドバイ在住の与沢氏に密着し、お金を稼ぐ方法を取材する様子をVTRで放送。

    与沢氏はさらに、1000万円の貯金は努力で可能な範疇(はんちゅう)だと力説。
    また、フェラーリ1台も購入できない貯蓄状態で「どうしてそんなに幸せそうなのか」と疑問を抱いたようだ。
    続けて「危機感がなさすぎるというか…もうゲームオーバーです」と厳しい言葉を浴びせたのだ。

    ディレクターがこうした指摘に納得していると、与沢氏は「疑問を持つ」「怒りを持つ」「不満を持つ」ことが大事だと語り、
    「ムカつくことがあったら、それを心に刻んでください。忘れちゃダメなんですよ」と持論を展開した。そうした感情を回避しようとすることで「自分が上に行けばいいんだ」と悟れる、というのだ。

    与沢氏は「そもそも悔しいって思いがなかったらもうダメです」
    「『人は人、自分は自分』なんて言ってるのは、かなり逃げ!」と言い放った後、「ちょっとバカになるぐらいの方がいいですよ、立ち上がるときって」
    「クレイジーな人の方がはるかに成功しますよ」と、自身の成功哲学を説いていた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/14485454/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540679426/ 【与沢翼「30歳過ぎて貯金1000万すらない人は人生ゲームオーバーです」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [CN] 2018/10/26(金) 17:22:41.41 BE:194767121-PLT(12001)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    越前市のドン・キホーテ7日開店
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/727143

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540542161/ 【ドン・キホーテってそんなに安くない気がするが・・・。 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [SA] 2018/10/26(金) 21:46:03.36 ● BE:618588461-PLT(36669)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
    彼35歳、私29歳です。
    プロポーズされ今後の生活について話し合いました。

    彼は子供が生まれても私にフルタイムで働いてほしいとのことです。以下の理由からです。
    私たちの老後は年金をもらえない可能性があるため貯金をしなければならない。彼の年間貯金目標金額は300万円。
    彼は彼の稼ぎ(約800万円)だけで生活費を除いてこの額を貯金することは無理だと言い張ります。

    労働人口が減ってきているから女性が働かなければならない社会になってきている。

    10年後・20年後、正社員でないと配偶者控除がもらえなくなる可能性がある。

    今の生活水準を落としたくない

    などです。
    私は子供が生まれ小学校を卒業するぐらいまでは家にいたいと考えております。以下のような理由からです。
    子供を鍵っ子にはさせたくない。

    小さい頃は自宅で帰りを待ち子供との関わりを大切にしていきたい。
    などです。

    彼は夫婦共働きをし彼の実家か私の実家の近くに住んで、何かあれば両親に子育てを手伝ってもらったらいいと考えています。
    そもそも私は子育てをお互いの両親に頼ってまで貯金する必要があるのか疑問です。
    2人で子育てをしてできる限りの貯金をすればいいのではないかと。

    また彼が時短とかはどうなの?と言ってきましたがそこまで環境が整っている会社にすんなり採用されるか、
    なかなか難しいんじゃないかなーと言うと、それは前もって準備して資格が必要になるんなら俺がお金出すからと…
    パートではなく正社員にこだわる彼です。
    今私は正社員ですが、時短制度はないです。

    生活費に関しては彼と私それぞれ分担を決めようと言っています。

    彼のお金に関する人生設計は素晴らしいと思うのですが、そこまでする必要があるの?っと思ってしまっています。
    彼は家事育児手伝うと言ってくれていますが不安です。
    このご時世当たり前のことでしょうか?


    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2018/1021/869270.htm?g=04

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540557963/ 【♀(29)「年収800万の旦那が将来の為に年間300万貯金したいから正社員で働いて欲しいと言われた死ね」 】の続きを読む

    このページのトップヘ