2018年10月

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [CA] 2018/10/28(日) 19:51:32.93 BE:135853815-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
    消費税増税「賛成」47%、反対上回る 本社世論調査

    日本経済新聞社とテレビ東京による26~28日の世論調査で、安倍内閣の支持率は48%となり、前回の10月初旬の緊急調査の50%と横ばいだった。不支持率も42%と横ばいだった。
    2019年10月に予定する消費税率の10%への引き上げについて賛成が47%と、反対の46%を上回った。

    政府は消費税率を引き上げる際に飲食料品や新聞などに8%の軽減税率を適用する方針だ。この方針を「評価する」は49%で、「評価しない」の45%と拮抗した。

    政府が中小店舗でキャッシュレス決済した時にポイント還元する期間限定の政策を検討していることについては反対が60%。賛成は31%にとどまった。

    政府が人手不足の分野で外国人労働者の受け入れ拡大を検討していることについて賛成が54%と、反対の37%より多かった。外国人労働者の日本での永住についても賛成が54%にのぼり、反対の34%を上回った。

    安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正の国民投票の時期はいつがいいか聞いたところ「憲法改正には反対だ」が最多の37%だった。
    「2021年以降」が24%、「19年中」が16%、「20年中」が12%だった。首相が7年ぶりに中国を公式訪問したことを「評価する」が71%で、「評価しない」の20%を大きく上回った。

    安倍内閣を支持する理由(複数回答)を聞いたところ「安定感がある」が39%、「国際感覚がある」が35%、「指導力がある」が24%だった。不支持の理由(複数回答)では「人柄が信頼できない」が53%と最も多かった。

    首相に期待する政策(複数回答)で最も多かったのは「社会保障の充実」で48%。「景気回復」が43%、「教育の充実」が31%、「財政再建」が30%、「外交・安全保障」が26%だった。「憲法改正」は9%にとどまった。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37046310Y8A021C1000000/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540723892/ 【【速報】消費税増税「賛成」47%「反対」46% 外国人労働者受け入れ拡大「賛成」54%「反対」37% 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/10/29(月) 06:31:19.93 ● BE:842343564-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    喫煙者は交通事故死亡のリスクが高い傾向
    https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2018/07/press20180704-smoking.html?fbclid=IwAR1ZC8ZF4Oze9w1eTePSF-ikJ90de-qOgw-dgnUJS6yoPmlLGkREAUDB7EM

    【発表のポイント】

    これまで日本で喫煙と交通事故の関連についての検討はほとんどされておらず、本研究では喫煙と交通事故死亡の関連を調べた。
    男性ではたばこを1日20本以上吸うことは交通事故死亡のリスクを高める可能性があることがわかった。
    女性では喫煙者の人数が少ないこともあり、観察期間中の喫煙者の交通事故死亡を認めず、統計解析を行うことができなかった。
    【概要】

    喫煙はがんや循環器疾患などによる死亡リスクを高めることが報告されています。外因死との関連についても研究されていますが、外因死には転倒、交通事故、窒息、火災といった不慮の事故、他殺、自殺などの死亡が含まれており、交通事故による死亡と喫煙との関連を検討した研究は多くありません。
    そこで、私たちは喫煙と交通事故死亡の関連について検討しました。

    1993年当時の茨城県内38市町村における基本健康診査受診者(40~79歳)97,078人を対象とし、20年間追跡した結果、男性ではたばこを1日20本以上吸うことが交通事故死亡を高める可能性があることがわかりました(図参照)。
    女性では喫煙者の人数が少ないこともあり、観察期間中の喫煙者の交通事故死亡を認めず、統計解析を行うことができませんでした。

    世界には車内での喫煙を規制している国もあります。日本では運転中の携帯電話の使用は、注意散漫や運転操作不適による交通事故を増やす可能性があることから道路交通法で規制されています。
    しかし、運転中の喫煙は規制されていません。運転中の喫煙についても、対策を検討する必要があることを支持する結果となりました。

    https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuniv-press20180704_01web_kitsuen.pdf

    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540762279/ 【ヤニカス+車カスは交通事故死亡率が1.5倍だった!1日20本以上吸うカスは吸わないドライバーの5割増し 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [LB] 2018/10/29(月) 07:16:50.75 BE:736790738-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/hare.gif
    ハロウィーン前に渋谷騒然 群衆、軽トラ横転させる

    ハロウィーン前の週末となった27日夜から28日朝にかけて、東京都渋谷区の繁華街は仮装した若者らで混雑し、一時騒然となった。
    軽トラックが横転させられたほか、痴漢などの疑いで5人が逮捕された。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3704531028102018000000/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540765010/ 【ボーナスステージで車壊すやつなんなの 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/10/28(日) 17:34:59.72 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    2017年に某大手フィットネスジムの会員の稼働情報を目にしたことがあるのですが、会員の来店率は年間で約20%程度らしく、
    約80%の会員数は幽霊会員ということになります(幽霊会員とは会費を払い続けているにもかかわらずジムの利用がない会員のこと)

     つまり継続してジムに通っている方は約20%しかいないことになります。フィットネス先進国ではジムに通っている人は全体の約10%、日本は全体の1%だといわれていました。
    しかし近年のフィットネスブームで3%にまで増加したようなのですが、フィットネス先進国と比べるとまだまだですね。
    日本でジムに通っている人が全体の約3%、その中で継続している方が20%。
    1000人の中の30人がジムに通っていて、その中で継続してトレーニングしている人が6人。
    ジムに行っている人や、しっかり継続できている人が少ないことに対して、トレーナーとして非常に残念に思います。

    ジム会員の80%が幽霊会員!? 日本とアメリカの健康に対する意識、フィットネス事情の比較 前編
    https://dosports.yahoo.co.jp/column/detail/201810270013-spnavido

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540715699/ 【【悲報】スポーツジム会員の8割が幽霊会員 お前ら何で金払って行かないんだよ… 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [FR] 2018/10/29(月) 08:16:14.18 ● BE:842343564-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    若者に人気のレモンサワーが“第2のハイボール”になりそうな3つの理由
    10/29(月) 6:05配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000003-zdn_mkt-bus_all

    no title


    ブームを後押しする“進化系”レモンサワーが次々と登場
     レモンサワーといえば、いわゆる赤ちょうちんの灯る“おやじ系居酒屋”で中高年を中心に愛されてきた、誰もが知る定番のアルコール飲料である。ご存じの方も多いかと思うが、このレモンサワーが若者を中心にブームとなっている。

    【画像】お店ごとにここまで違う!見るだけで楽しいレモンサワーの数々

    データで見るレモンサワーブーム

     本当にレモンサワーがブームになりつつあるのか、データから読み解いてみたい。 ホットペッパーグルメ外食総研は、レモンサワーに関する調査を2017年6月1~7日にかけて、20~69歳の男女を対象にインターネット上で実施。1万335件の有効回答を得た。

     調査結果によると、お酒を飲む人の26.4%、つまり4人に1人が「好んで飲む」とレモンサワーを支持している。
    さらに、「これからレモンサワーを飲んでみたいですか?」という質問においても「今後レモンサワーを飲みたい」と答えた人が34.7%と、今後のレモンサワーのさらなる需要拡大が予想できる結果となった。

     その中でも、特に注目してほしいのは若年層の飲酒意向だ。20代男性の48.4%、20代女性は40.9%が「今後レモンサワーを飲みたい」と回答しており、若者を中心とした今後の需要拡大が期待できる。

     また、その理由にも注目したい。レモンサワーを支持している理由は、「飲みやすい」「味が好き」「料理に合う」となっており、味覚に関するものが中心となっている。
    昨今“若者のお酒離れ”が飲食業界の課題として挙げられるが、このようなアンケートデータから見ても、レモンサワーが日常的にお酒を飲む人へのさらなる需要拡大につながるのはもちろん、
    「苦い」「わざわざ飲む必要を感じない」といったお酒離れの要因となっている課題を払拭(ふっしょく)する救世主となる可能性を秘めている。

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540768574/ 【ハイボールブーム終了のお知らせ。若者はレモンサワー 】の続きを読む

    このページのトップヘ