1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [IT] 2018/11/08(木) 07:47:31.98 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    お金持ちと貧乏な人の思考方法の違い
    https://news.mynavi.jp/article/20181107-720485/

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541630851/ 【お金持ちの家に生まれた人は、生まれた瞬間から勝ち組だよね 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [EU] 2018/11/08(木) 12:48:00.92 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    富士通が大がかりな人員の配置転換を行う方針を明らかにしました。対象となるのは人事、総務、経理などの間接部門です。
    日本企業の間接部門は人員が過大であり、全体の重荷になっているとの指摘がありましたが、今回の富士通の決断は、
    いよいよ日本でも間接部門の本格的な整理がスタートしたことを象徴しているといってよいでしょう。

    富士通は10月26日、グループ全体で5000人規模の配置転換を実施する計画を明らかにしました。
    同社は通信機器事業の低迷や携帯電話事業からの撤退、パソコン事業の売却など事業環境が悪化しており、業績も伸び悩んでいます。

    現在、同社の主力事業は政府系システムを中心とした情報システムの構築・運用ですが、政府系のシステムは予算が
    決まっていますから、継続的な事業拡大は見込めません。情報システム事業で業績を拡大していくためには、企業に
    新しいシステムを提案できるコンサルタントやシステム・エンジニア(SE)が大量に必要となります。
    このため同社では、実務を担当している関連部門の社員に研修を実施し、営業やコンサルタント、SEなどへの配置
    転換を促すことで、当該分野を強化していく構えです。

    しかしながら、管理部門で勤務してきた社員の全員が、提案営業を行う営業マンやコンサルタントに転身できる
    というわけではありません。同社ははっきり説明していませんが、どうしても適性がないという人材については
    「新しい道を切り拓いてもらった方がよい」としており、業界では実質的な退職の斡旋であると受け止められています。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00010000-wordleaf-bus_all

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541648880/ 【富士通、5000人の「経理」を「営業」に配置転換 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ES] 2018/11/08(木) 19:48:42.34 ● BE:299336179-PLT(13500)
    sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
    カドカワが11月8日発表した2018年4~9月期決算によると、傘下のドワンゴが運営する「ニコニコ動画」(ニコ動)の有料会員「ニコニコプレミアム会員」は9月末で194万人と、6月末から6万人減り、200万人を割った。


     有料会員は動画を優先的に視聴できる特典などがあり、会員費の収入(税込月額540円)は同社Webサービス事業を支える屋台骨。だが会員数は16年12月末から減少に転じていた。

     ただ、新しい生放送アプリ「nicocas」や、VR(仮想現実)コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を公開するなど、サービス拡充に努めたことで月間アクティブユーザーは伸びているという。10月には、誰でもVTuberになれるとうたうアプリ「カスタムキャスト」をリリースするなど、「ポータル事業の再成長に向けて取り組んでいる」としている。

     ニコ動を含むWebサービス事業の4~9月期売上高は前年同期比10.2%減の138億2800万円。営業損益は1億円の赤字だったhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000074-zdn_mkt-bus_all

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541674122/ 【【ニコ動】有料会員が200万人割れ 減少止まらず 】の続きを読む

    このページのトップヘ